2chまとめちゃんねる

【笑ったら負け】何度も見たくなるお気に入りのボケて画像を紹介して...



77: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/07/25(火) 17:53:44 

 

助けなきゃ

 

 

引用元: http://girlschannel.net/topics/1276595

【朗報】マクドナルド、「テキサスバーガー」を復活販売へ!!



1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/09/28(水) 15:11:17.93 ID:CAP_USER.net

http://www.narinari.com/Nd/20160939965.html

2522c5a3

マクドナルドは9月28日、1971年に日本1号店となる銀座店をオープンしてから45周年を迎えたことを記念した
キャンペーンを発表した。これまで発売した商品から4つの大人気メニューを期間限定で復活させ、
10月5日から第1弾の「テキサスバーガー」(490円)、10月12日から第2弾の「ベーコンポテトパイ」(150円)を販売する。期間はどちらも11月上旬までを予定。

(以下略)

引用元: ・【食】マクドナルド、「テキサスバーガー」を復活販売へ

続きを読む

小学生マラソン大会でコース誘導ミスにより263参加で262人が失...



3ea47883
1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/02/14(火) 21:22:30.87 ID:ID:5A2e9IuY0.net

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170214-00000032-ann-soci

マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人だけ

1人だけ正しいコースを走りました。マラソン大会で誘導ミスがあり、参加した263人中262人が失格となりました。

ミスが起きたのは、5日に岡山県笠岡市で開かれたマラソン大会です。
笠岡市によりますと、3キロコースの小学3年生から6年生の部には263人が参加。誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。

本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、1位の児童は6分51秒でゴールしました。
最後を走っていた児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきりました。
他の児童は全員失格となり、笠岡市は唯一、完走した児童を優勝者として表彰することを決めました。

引用元: ・小学生マラソン大会でコース誘導ミスにより263参加で262人が失格

続きを読む

コンビニ店長「イートインにド底辺どもばかり居座って困る」



05ea7c0f-s
1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/05/10(水) 21:35:12.246 ID:ID:CYM/7U8t0.net

 

<コンビニ>

店長「お洒落な高校生や多忙なサラリーマンに休息の場を、と思って」

店長「ついにうちでもレジ横にイートインコーナーを導入したはいいものの……」

チンピラ「うひょ~! このグラビア女優、色っぺぇ~!」ペラ…

ホームレス「ワンカップ酒、最高だねぇ……」グビグビ

店長「……こんなド底辺どもばっか居座りやがる」

店長「困っちゃうよねえ?」

バイト女「そんなことより時給上げて下さい」

店長「…………」

 

引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1494419712/

続きを読む

【クレーマー】上智大教授、宿泊トラブルでYahooニュースに「逆...



1: ばーど ★ 2018/08/24(金) 20:26:29.71 ID:CAP_USER9
c8e12433-s

https://www.j-cast.com/images/2018/08/news_20180824182752.jpg

ホテルの予約トラブルに関する不満を訴えた、上智大学文学部教授でジャーナリストの水島宏明氏(60)のウェブ記事が物議を醸している。

自らの落ち度もあってのトラブルにもかかわらず、相手のホテルや予約サイトを「2度と使うことはない」と名指しで批判したことに、ネット上で「逆ギレにしか見えない」などとする声が相次いでいる。

■キャンセル料が発生したワケ

水島氏は2018年8月20日、「泊まってないのに高額請求!? 旅行サイトの落とし穴 体験記」と題した記事をYahoo! ニュースの「個人」カテゴリへ寄稿した。

記事によれば、水島氏は上智大の担当ゼミナールの合宿で、学生12人を連れて東日本大震災の被災地を1週間にわたって取材した。その際、岩手県釜石市にある「ホテルルートイン釜石」に宿泊したという。

水島氏は当初、旅行予約サイト「エクスペディア」を使って、同ホテルを学生も含めて計13人分予約していた。だが、その後に予定が変わり、自らの分を除いた学生の予約はキャンセルすることに。これが、思わぬトラブルの引き金となった。

本人はキャンセル料が発生する以前の段階で、不要な予約を全て取り消したと思い込んでいた。しかし、宿泊後にホテル側から、計13人分のキャンセル料の支払いを求められてしまったというのだ。

いったい、何があったのか。結論から言うと、水島氏は「エクスぺディア」上で同じホテルを「二重予約」していたのだ。記事ではその経緯を、次のように説明している。

「確かに私は自分のIDでログインしたサイトでは学生の分はキャンセルしていた。しかし、その前に『ゲスト』としてログインしていたのだという。確かに電車の中でスマホから予約したような記憶がおぼろげながらある。

(中略)

さらにその際にスマホで自分のメールアドレスを入力した際にアルファベットが間違っていたため、メールが届かず、そのまま失念してしまったらしい」

■「ホテルにも落ち度があるのでは」

水島氏は記事で、二重予約をしてしまった自らの落ち度を認めつつも、「こんなことがあっていいのだろうか?」とホテル側の対応を疑問視する。実際、予約に利用したエクスペディアのカスタマーサービスに電話をし、

「ホテルにも落ち度があるのではないのか。納得できない」などとも告げたという。

こうした交渉の結果、水島氏が支払うキャンセル料は宿泊代の50%になった。ちなみに、ホテルルートインの宿泊約款を見ると、当日キャンセルの違約金は通常であれば宿泊代の80%、いわゆる繁忙期の場合は100%だった。

つまり、結果的に見れば水島氏は得をしたわけなのだが、それでも本人は予約サイトやホテル側の対応に強い不満を抱いたようだ。記事中では、両者の名前をわざわざ太字で記して、

「私自身は、この名前がつくものをもう今後2度と使うことはないだろう」

と主張。また、「旅行サイトもホテルも、杓子定規で細かい客のニーズに対応できないところは淘汰されるべきだろう」とも書いていた。
.
■ホテル側に「工夫すべき」と注文

さらに、今回の出来事を受けて、水島氏が読者向けにまとめた「教訓」のくだりでは、

「予約した後で、予約前日や前々日などのメール連絡を頻繁に送ってくるサイトを選ぶ(『じゃらん』などと違って、エクスペディアはそんなことはなかった)」

「責任がホテルにあるのか旅行サイトにあるのか、曖昧な物言いをするホテル(今回のルートイン釜石のようなところ)や旅行サイトは絶対に避ける」

との記述も。なんと、自らとトラブルになった相手の名前を記載し、利用を避けるよう読者へと促していたのだ。

なお水島氏は、記事中に予約サイトやホテルの実名を出した理由について、

「(ホテル側は)日頃からダブルブッキングを防ぐようなやり方を工夫すべきではないのだろうか。 だからこそ、今回はあえて旅行サイト名と、ホテル名について、実名で記事を書くこと

以下見出しのみ 全文はソース先で

■「突き詰められれば私に非がある」

■ホテル側「再販売の機会を損失」

■水島氏は取材拒否

8/24(金) 18:51
J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000013-jct-soci&p=1


続きを読む

【画像】最近の若者、自分の子供に人気アニメのキャラ名を使う模様w...



1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/10/19(木) 08:04:54.96 ID:ID:+qOdvo8a0.net

 

狂気やで…

 

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1508367894/

続きを読む

スポンサード・リンク

Twitter