2chまとめちゃんねる

ホームセンターでインコとハムスターを万引き 69歳老害を逮捕 「...



1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [ニダ] 2018/08/29(水) 23:38:29.16 ID:hSztKFUQ0 BE:135853815-PLT(12000)
176cedd8-s

sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
インコとハムスター万引き、「猫の餌に」理由
2018年08月29日 18時31分

栃木県警那須塩原署は28日、栃木県那須町大和須、無職藤田孝司容疑者(69)を強盗致傷容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、藤田容疑者は同日午後1時55分頃、同県那須塩原市豊浦のホームセンターで、インコ1羽とハムスター3匹、蚊取り線香など計7点(計約1万1700円)を万引きし、
呼び止めた男性従業員(53)から逃げようとして、親指をひっかくなどしてけがをさせた疑い。従業員が取り押さえ、署員に引き渡した。

調べに対し、藤田容疑者は「インコやハムスターは飼い猫の餌にするつもりだった」と話した上で、「店に戻ってお金を払うつもりだった」などと容疑を否認しているという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180828-OYT1T50162.html


続きを読む

【うどん】丸亀製麺(神戸市)に香川県民キレる 「讃岐うどんの文化...



1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/08/29(水) 12:06:51.83 ID:CAP_USER9
bd5b590e-s

トリドールジャパン(神戸市)が展開する讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」公式ツイッターの投稿に、一部の香川県民がかみついた。

発端となったのは、うどんに大量の青ネギを乗せる食べ方を紹介した丸亀製麺のツイートだ。
これに、うどんの本場を自任する、香川に住むというユーザーから、「うどん本来の味が殺される」との主張が寄せられ、論争が繰り広げられているのだ。

丸亀製麺は2018年8月24日のツイートで、器からこぼれるほど大量の青ネギを盛り付けたうどんの写真をアップしながら、
「ぶっかけうどんにネギをこれでもかと乗せて食べてる方を見かけたのでやってみました!これネギ好きにはたまらないですね!」
と紹介。投稿のハッシュタグには、「#ネギだく」「#新発見」「#やってみた」などの言葉も添えていた。

これに反応したのが、香川県高松市にある讃岐うどん専門店「ふる里うどん」の店主だった。
店のツイッターで24日夜、丸亀製麺の「ネギだく」投稿を引用する形で、

「讃岐うどんの文化壊すの止めてもらえないですか?」と切り出したのだ。
続けて、今はネギが高価な時期にもかかわらず、香川のうどん店がセルフサービスを続けている理由について、「人件費減らしてでも安く『讃岐うどん』出したいからなんだよ!」だと力説。

その上で、「何故こんなこと書く?泣きたい」とも。
要するに、「讃岐うどん」の名前を使ったチェーン店が、ネギを大量に盛り付ける行為を紹介したことに、本場・香川の同業者として不満を述べたのだ。

このように、讃岐うどんに対する思いを熱く訴えた店主の投稿は反響を呼び、ツイッターやネット掲示板には、香川県民とみられるユーザーから、

「ネギの苦味でうどん本来の味が殺されるということに、何故気付かないのかねえ?」
「丸亀製麺がネギ大量に乗せてもいいよ的な奴を投稿したら香川のうどん屋で真似するバカ県外民が出るんだよ」
「個人で死ぬほどネギ入れてる人は今までもいたんだろうけど、公式アカウントが発信するのは迷惑なのでやめて」
といった声が次々と出ることになった。

一方で、こうした「讃岐うどん原理主義者」の主張に違和感を覚えるユーザーの姿も目立っている。

続きはソース元をご覧ください
https://www.j-cast.com/2018/08/28337253.html?p=all


続きを読む

【日本は世界一子連れに辛辣な国】平愛梨、日本で「乳児との入店拒否...



1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [MY] 2018/08/28(火) 18:05:48.88 ID:xRY8V+5S0● BE:299336179-PLT(13500)
697ed241-s

sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
サッカー日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)の妻で女優の平愛梨(33)が、日本と海外での子どもに関するルールの違いに「戸惑うこともありました」と明かした。

平は2月に第1子となる男児をイタリア・ミラノで出産し、3月に夫が移籍したことにともないトルコへ移住。ワールドカップ開催中は日本に帰国していたが、今月中旬にトルコへ戻った。

初めての子育てを慣れない海外でしている平だが、28日更新のブログでは「子どもが誕生して約3カ月間海外生活だった私は日本で過ごした夏の3カ月間の環境の違いに戸惑うこともありました。
子どもに対するルールが全く違うこと! トルコは時間に関係なく、基本子どもはどこの場所へ連れて行くことも許される。ジムやカフェ、デパート、飲食店など。
行けば居合わせた人や店員さんまでもが近寄ってくれて子どもを抱き上げてくれたりあやしてくれます! 親になった私は、何よりもたまらなくうれしいことです。
でも日本では子どもが行ける場所は限られてしまい、ジムや少しの時間のカフェもご遠慮ということでした…」と
、日本でのルールに戸惑っていることを明かした。

飲食店などで乳児を連れての入店を断られる理由について「きっと、『おもてなしの心からなんだ!』と、私なりの勝手な解釈! 日本は気遣いのたけてる国
飲食店でのダメな理由は疲れて来られたお客様に子どもの泣き声などでご迷惑かけてしまうという恐れがあるから? ジムでダメなのも目的を持ってやられてる人達にご迷惑かけるから?
と、いろいろ考えました」という。

環境やルールの異なる国々での子育てに戸惑い「子どもと四六時中過ごす中で『自分の好きな仕事をしてる方がマシだ』なんて
、大好きなバラエティー番組に出させて頂いてた時を恋しく感じることもあります」と弱音も吐いたが、「でも、自分が選んだ道。誰のせいにもできない!
何も分からない小さなわが子との今しかない時間をしっかり母としての責任を持ち向き合っていかなきゃ!と思う次第です」とつづった。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00313084-nksports-ent


続きを読む

【芸能】浜崎あゆみ、セクシーすぎるリハ姿が物議に「見せすぎ」「ま...



1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/28(火) 06:55:45.29 ID:CAP_USER9

28016b63-s

歌手の浜崎あゆみ(39)が25日、自身のSNSを更新して話題になっている。この日の浜崎は「GPありがとうございました!
明日に備えてまだまだやる事もりだくさん。スタッフの皆とラストスパート頑張ります!」とつづり、リハーサル中だと思われる写真をアップした。

写真にはリハに集中する真剣な顔つきの浜崎が写っている。さらに胸元がざっくり開いたTシャツを着用しているため、胸の谷間がみえている。

この投稿に対しファンからは「あゆちゃん頑張ってー」「応援してます!」といった応援コメントが多く寄せられていた。しかしその一方で、
「また首長く加工したね!首の筋肉がおかしいよ。せっかく加工やめたと思ったら…」「おっぱい見せすぎ」「胸元そんなに開けてはしたない」というような厳しい声も上がっていた。

最近は忙しい日が続く浜崎。26日にはa-nationも大盛況で終え、メインを締めたことで浜崎の再評価の声も高まっている。次なる動きが注目されている。

http://dailynewsonline.jp/article/1509409/
2018.08.27 18:45 デイリーニュースオンライン


続きを読む

【米国】YouTubeを見て「面白そうだから」・・・ファイヤー・...



1: ガーディス ★ 2018/08/25(土) 14:11:25.81 ID:CAP_USER9
9a127714-s

身体に可燃性液体をかけ、ライターを使って火をつけるという「ファイアー・チャレンジ」で、
12歳の少女が身体の約50%に火傷を負った。
火傷が70%に及ぶとほぼ助からないと言われているが、少女の治療は長期に及ぶようだ。
『Inside Edition』『FOX 2 Detroit News』などが伝えている。

今月17日、米ミシガン州のタマイヤ・ランダースちゃん(12)は約4年前から
YouTubeで流行している「ファイアー・チャレンジ」に挑戦した。
タマイヤちゃんは自宅に来た友達2人と軽い食事をして遊んでいたというが、
SNSにアップされているチャレンジ動画を見て「面白そうだからやってみよう」と軽い気持ちで火をつけたようだ。

母親のオーウェンスさんは、当時のことを次のように語っている。

「2階で婚約者と一緒にくつろいでいると、『ポン!』と大きな音が聞こえました。
その直後、大声で『助けてー』と叫ぶタマイヤの声がしたのです。
すると火だるまになった娘が私たちの寝室を通り越し、バスルームに走っていくのが見えました。
私もパニックになってタマイヤの燃えている洋服を引き剥がし、シャワーで水をかけて火を消しました。」

「タマイヤは自分に火をつける前にシャワーを浴びており、可燃性スプレーやローションを身体に塗っていました。
そのせいで火があっという間に広がったようです。気が付いた時には私も手に火傷を負っていました。」

身体の49%に2度~3度の火傷を負ったタマイヤちゃんは現在、
小児病院で人工呼吸器につながれている。
その身体は包帯で覆われ、今は言葉を発することもできない。

【海外発!Breaking News】“ファイアー・チャレンジ”で大火傷の12歳「動画を見て面白そうだったから」(米)
http://japan.techinsight.jp/2018/08/ac10140824.html
http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2018/08/12girl09370824.jpg


続きを読む

【クレーマー】上智大教授、宿泊トラブルでYahooニュースに「逆...



1: ばーど ★ 2018/08/24(金) 20:26:29.71 ID:CAP_USER9
c8e12433-s

https://www.j-cast.com/images/2018/08/news_20180824182752.jpg

ホテルの予約トラブルに関する不満を訴えた、上智大学文学部教授でジャーナリストの水島宏明氏(60)のウェブ記事が物議を醸している。

自らの落ち度もあってのトラブルにもかかわらず、相手のホテルや予約サイトを「2度と使うことはない」と名指しで批判したことに、ネット上で「逆ギレにしか見えない」などとする声が相次いでいる。

■キャンセル料が発生したワケ

水島氏は2018年8月20日、「泊まってないのに高額請求!? 旅行サイトの落とし穴 体験記」と題した記事をYahoo! ニュースの「個人」カテゴリへ寄稿した。

記事によれば、水島氏は上智大の担当ゼミナールの合宿で、学生12人を連れて東日本大震災の被災地を1週間にわたって取材した。その際、岩手県釜石市にある「ホテルルートイン釜石」に宿泊したという。

水島氏は当初、旅行予約サイト「エクスペディア」を使って、同ホテルを学生も含めて計13人分予約していた。だが、その後に予定が変わり、自らの分を除いた学生の予約はキャンセルすることに。これが、思わぬトラブルの引き金となった。

本人はキャンセル料が発生する以前の段階で、不要な予約を全て取り消したと思い込んでいた。しかし、宿泊後にホテル側から、計13人分のキャンセル料の支払いを求められてしまったというのだ。

いったい、何があったのか。結論から言うと、水島氏は「エクスぺディア」上で同じホテルを「二重予約」していたのだ。記事ではその経緯を、次のように説明している。

「確かに私は自分のIDでログインしたサイトでは学生の分はキャンセルしていた。しかし、その前に『ゲスト』としてログインしていたのだという。確かに電車の中でスマホから予約したような記憶がおぼろげながらある。

(中略)

さらにその際にスマホで自分のメールアドレスを入力した際にアルファベットが間違っていたため、メールが届かず、そのまま失念してしまったらしい」

■「ホテルにも落ち度があるのでは」

水島氏は記事で、二重予約をしてしまった自らの落ち度を認めつつも、「こんなことがあっていいのだろうか?」とホテル側の対応を疑問視する。実際、予約に利用したエクスペディアのカスタマーサービスに電話をし、

「ホテルにも落ち度があるのではないのか。納得できない」などとも告げたという。

こうした交渉の結果、水島氏が支払うキャンセル料は宿泊代の50%になった。ちなみに、ホテルルートインの宿泊約款を見ると、当日キャンセルの違約金は通常であれば宿泊代の80%、いわゆる繁忙期の場合は100%だった。

つまり、結果的に見れば水島氏は得をしたわけなのだが、それでも本人は予約サイトやホテル側の対応に強い不満を抱いたようだ。記事中では、両者の名前をわざわざ太字で記して、

「私自身は、この名前がつくものをもう今後2度と使うことはないだろう」

と主張。また、「旅行サイトもホテルも、杓子定規で細かい客のニーズに対応できないところは淘汰されるべきだろう」とも書いていた。
.
■ホテル側に「工夫すべき」と注文

さらに、今回の出来事を受けて、水島氏が読者向けにまとめた「教訓」のくだりでは、

「予約した後で、予約前日や前々日などのメール連絡を頻繁に送ってくるサイトを選ぶ(『じゃらん』などと違って、エクスペディアはそんなことはなかった)」

「責任がホテルにあるのか旅行サイトにあるのか、曖昧な物言いをするホテル(今回のルートイン釜石のようなところ)や旅行サイトは絶対に避ける」

との記述も。なんと、自らとトラブルになった相手の名前を記載し、利用を避けるよう読者へと促していたのだ。

なお水島氏は、記事中に予約サイトやホテルの実名を出した理由について、

「(ホテル側は)日頃からダブルブッキングを防ぐようなやり方を工夫すべきではないのだろうか。 だからこそ、今回はあえて旅行サイト名と、ホテル名について、実名で記事を書くこと

以下見出しのみ 全文はソース先で

■「突き詰められれば私に非がある」

■ホテル側「再販売の機会を損失」

■水島氏は取材拒否

8/24(金) 18:51
J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000013-jct-soci&p=1


続きを読む

【話題】「若者のビール離れ」止める “苦くない”ビールに各社が注...



1: 動物園 ★ 2018/08/24(金) 16:01:33.66 ID:CAP_USER9
9c2b9c49-s

2018年08月24日 06時30分 ORICON NEWS

苦味を抑えた各社の新ビール

「若者のビール離れ」が言われて久しい中、大手各社が味に変化をつけた“変わり種ビール”を続々と生み出している。4月より酒税法が改正され、ビールの定義が拡大。これまでは麦芽比率67%以上、そして限定された副原料(米、麦、とうもろこしなど)の使用しか認められていなかったが、改正後は麦芽比率50%以上、副原料にフルーツやハーブ・スパイスなどの使用も可能になったことがひとつのきっかけとなっている。その背景を探ってみた。

■“塩・コショウ”で調理されたビール?

サッポロビールの子会社・ジャパンプレミアムブリューでは “塩・コショウ入り”という、斬新なビールを発売した。『Innovative Brewerグルメビア』(350ml、税込み288円)と名付けられたその商品は、岩塩、黒コショウ、そして仕上げにライムピールが加えられており、爽やかでコクのある風味を実現している。SNS上では「食欲を刺激するビール」「汗かいた後だったので塩味がちょうどよく美味しかった」と好評な様子。開発担当者の新井健司さんに誕生背景を聞いた。

「もちろん、酒税法の流れも組んではいますが、“塩・コショウを使う”というコンセプトが先にありました。世界を見渡すと、塩を使っているビールは多かったのですが、以前から目をつけていた素材、黒コショウと組み合わせればより面白いものができるのではないか……という着想から生まれました」(新井さん)

また『グルメビア』という商品名を聞いた際、“食事に合う”ビールなのかと由来を考えていたが、実際は違う意味合いを持っていた。

「“食事に合う”ビールではなくて、塩・コショウなどで“調理された”ビールという意味で『グルメビア』と名付けました。以前、弊社では『ビアチェッロ』という商品を発売したのですが、“苦味の質を変える”という新しいアプローチのもと、グレープフルーツとオレンジの果皮を使用し、従来のビールとは全く異なる苦味を持った新しいビールカテゴリを目指しました。今回の『グルメビア』に関しては、よりチャレンジングな方向性を打ち出し、『このビールどんな味がするんだろう』と面白がってくれる人たちが購買ターゲットになっています」(新井さん)

■若者のビール離れの原因は“接触ポイントの少なさ”

ジャパンプレミアムブリューでは、『ビアチェッロ』『グルメビア』以外にも、ホップの中でも特に個性的な香りを持つフレーバーホップに着目した『THAT’S HOP Nelson Sauvinの真髄』など、意欲作を世に送り出し続けてきた。

「従来にない、トライアルな品をやっていこうという思いのもとジャパンプレミアムブリュワリーは生まれました。週一回は“変わり種ビール”を飲んでもらうようにしないと、ビール市場の裾野も広がらない。それは大手がやらないとダメだなと思っています。他のお酒に比べて自由度の高いビールだからこそできる“美味しくて面白いもの”を今後も提案していくつもりです」(新井さん)

「ビール市場の裾野を広げる」――この言葉の裏には昨今の“若者のビール離れ”が影響している。原因はどこにあると新井さんは考えるのか。

「私の見解ですと、ビールとの“接触ポイントの少なさ”が原因になっていると思います。ひと世代昔は、今ほどお酒の種類も少なく、どこのお店に行ってもビールが基本でした。今ではチューハイひとつとっても多彩なラインナップがあるため、ビールを飲む機会が減っていっていますし、また独特の『苦味』に慣れていないのではないかと思います」(新井さん)

今回話を聞いたジャパンプレミアムブリュワリーのほか、キリンビール、サントリービールが副原料にオレンジピールといった果実を使った商品を出すなど、ビールの「苦い」イメージを脱却させようとする動きが活発になっている。大手各社のオリジナリティあふれる新ビールが、若者のビール離れ対策に一石投じるのか注目したい。

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12173-076513/


続きを読む

【国民】玉木代表、少子化対策として3人目を出産した家庭に1000...



1: ばーど ★ 2018/08/24(金) 00:04:37.56 ID:CAP_USER9
d205865e-s

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表は23日のネット番組で、少子化対策として3人目を出産した家庭に1000万円を給付するとした自身の政策を「コドモノミクス」と名付けた。その上で、「コドモノミクス」と日米地位協定の改定を挙げ、「この二つの大きな柱で協力できる野党とは連立政権構想を速やかに出したい」と呼び掛けた。

(2018/08/23-22:36)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082301146&g=pol


続きを読む

1 / 812345...最後 »

スポンサード・リンク

 
 
   

Twitter