2chまとめちゃんねる

大晦日放送「ざわざわ森のがんこちゃん20周年スペシャル『エピソー...



54

 

 

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 09:14:59.49 ID:CAP_USER.net

NHK Eテレで、’16年12月31日(土)に「ざわざわ森のがんこちゃん 放送20周年スペシャル『エピソード0~ざわざわ森とさばくのひみつ~』」(昼5:00-5:30)が放送されることが分かった。

同作は、放送開始20周年を迎えた人形劇で、幼稚園や保育所の園児から、小学校低学年の児童が楽しんで道徳を学べる番組。

物語の舞台は、遠い未来で、人類滅亡後の地球。
「新世代恐竜」の子供・がんこちゃんと仲間たちが、明るく楽しい珍騒動を繰り広げる。

そして今回、がんこちゃんは人間が生きている過去の時代にタイムスリップしてしまう。
そこで2人の人間のきょうだいと出会ったがんこちゃんは、人間が滅びてしまった謎や“ざわざわ森”とその周りに広がる砂漠の秘密に迫っていく。

【驚愕】西野カナ、本名を隠していた!しかし卒アル流出で本名発覚!...



1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/17(土) 15:04:09.42 ID:cZt1uC050.net

先日の「日本有線大賞」では初の大賞に輝くなど、暮れの音楽賞レースで大活躍している歌手の西野カナ(27)。30日発表の
「日本レコード大賞」でも一気に本命に浮上したが、ここにきてそのプライベートにも注目が集まっている。

きっかけは先月末発売の写真誌「フラッシュ」の記事。自身を担当する市川海老蔵似のイケメンマネジャーと同棲中であることが明るみになったからだ。
ある日の午後は西野とマネジャーはペアルックでジョギングに出掛け帰宅。他の日も男性が西野の部屋から出勤するなど半同棲状態。

デビュー以来、本名さえ明かさずプライベートはまったくの謎。しかし、母校・三重高校が甲子園で勝ち進んだ際にはあっさり卒業生であることを
明かしていたように徐々にそのベールが剥がされつつある。

「父親は中部地区の経済界の大物で、父親の存在を隠すために本名などを非公開にしていたといわれている。すでにネット上には卒業アルバムの
写真などが流出しています」(週刊誌記者)

「携帯世代の歌姫」という異名もある西野だが、SNS全盛時代にプライベートを隠し通すのは困難なようだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195973

引用元: ・西野カナ、なぜ本名を明かさないのか 父親の存在を隠すため?ネットでは卒アルが出回る

続きを読む

【悲報】「ピースサインは危険!!」 3メートル離れて撮影でも読み...



04e2d20f

 

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/01/09(月) 09:51:06.06 ID:tj6yXek10.net

「カメラに何げなくピースのサインをするだけで、指紋が出回ってしまう」。指紋の盗撮防止技術を開発した国立情報学研究所の越前功教授は、こう警鐘を鳴らす。

顔と手を一緒に撮影した写真をネットに掲示すると、個人と指紋を特定される恐れがある。大量に画像が出回る著名人は特に狙われる危険性が高い。
自分で投稿しなくても、他人が撮影した写真に知らないうちに写り込むリスクもある。

また、スマートフォンの認証には指紋のほか、顔の画像、模様が人によって異なる目の虹彩なども利用されている。こうした生体情報は行政機関や
企業の入退室管理にも利用されている。個人の生体情報を盗み取るには従来、その人に接近して撮影する必要があった。

だが、生体情報がネット上に出回るようになったことで、犯罪者にとってハードルは大きく下がった。国立情報学研究所の実験では
3メートルの距離で撮影した画像でも読み取れることが判明しており、「自撮り」のピース写真をネットに掲示すると、簡単に盗まれてしまう。
越前教授は「指紋などの生体情報は終生変えることができない。どう守っていくか啓蒙していきたい」と話す。

http://www.sankei.com/affairs/news/170109/afr1701090002-n1.html

 

引用元: ・【指紋ネット盗難】「ピースサインは危険!!」 3メートル離れて撮影でも読み取り可能

 

続きを読む

【画像あり】稲村亜美とかいう誰しもがエッチしたい女ww



4: 風吹けば名無し 2018/06/01(金) 06:47:24.34 ID:rVkyZ6ul0.net
なんJでは嫌われてるけど、巨女好きのワイからしたら最高や

  続きを読む

【朗報】韓国さん「30年サッカーW杯は日中韓朝4カ国で共催する」



1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [IT] 2018/07/04(水) 23:32:11.36 ID:ukYElLHB0● BE:324064431-2BP(2000)
e9dc214b-s

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
30年サッカーW杯、日中韓北朝4カ国共催の可能性

30年ワールドカップ(W杯)が、日中韓朝4カ国共催になる可能性が28日、浮上した。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(65)と国際サッカー連盟(FIFA)のジョバンニ・インファンティノ会長(48)の会談内容が明らかになった。
文大統領の日本を含む「30年W杯北東アジア4カ国」共催の要請に、同会長が前向きに検討することを示唆したという。北朝鮮の開放政策が、サッカー界にも影響した。

28年ぶりにW杯がやってくるかもしれない。米朝会談(12日、シンガポール)で北朝鮮の核廃棄などに合意したことで、
北東アジアはそれまでの緊張感から平和ムードへ、少しずつ歩み出している。その雰囲気に乗って、韓国の文大統領がFIFAへ「30年W杯北東アジア4カ国共催」を提案した。

W杯ロシア大会F組の韓国-メキシコ戦(23日、日本時間24日0時キックオフ)の会場ロストフアリーナで、
インファンティノ会長と会った文大統領は「北東アジアの国がともにW杯を開催すれば、平和的な南北関係形成に大きな力になるはず。
30年W杯がその機会になることを望んでいる。FIFAが興味を示してくれることを望みます」。韓国の複数メディアの関係者によると、北東アジアの国とは、日本、中国、韓国、北朝鮮を指しているという。

文大統領の提案にインファンティノ会長は「今の期間、(政治的に)いろんなことが起きている。今から準備しないといけない。
文大統領が呼べば、いつでも韓国に行きます」と話し、さらに「サッカーの底辺拡大のため、W杯共催はいいこと。北東アジア諸国の安保、
経済共同体に向けて、スポーツが交流の役割を果たせると考えている」と話した。同会長は「近々、中国を訪問し、習近平国家主席との面談で、(4カ国共催の意向を)聞いてみたい」と伝えた。

ハードルは低くない。FIFAは、W杯開催の基本ルールとして各大陸の公平性を重視している。22年はカタール開催、
26年は米国、カナダ、メキシコの共催が決定しているだけに、アジア開催となれば、欧州、南米、アフリカ連盟の理解を得る必要がある。
さらに今の平和ムードが30年まで続くかも不透明。まだ日本、中国の意向は反映されてないこともネックだ。

日本サッカー協会は、30年までにもう1度W杯招致を目標にしている。各国の協会レベルで協議すれば、実現する可能性はある。
しかしW杯開催は国同士の利害関係が密に絡む。逆に、日中韓朝の4カ国が政治的に合意すれば「4カ国共催」は一気に加速化することも考えられる。
平昌冬季五輪が、南北和解ムードの突破口になった実例もあるだけに、平和を望む4国が合意する可能性はある。

30年W杯大会開催地が決まるのは、4年後にカタールで開かれるFIFA総会になるはず。インファンティノ会長は「現実的な障害は当然ある。
しかし共催への強い気持ちで努力していくことが重要。文大統領のビジョンは、強烈なメッセージになったはずだ」と、慎重ながらも前向きに話した。

https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201807020000774.html


続きを読む

声優の仕事を「誰でも出来るからね」とか言ってるやついるようだけど...



1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/04/03(月) 08:19:21.099 ID:ID:JSoBQcJ50.net

 

まさか本気で言ってないよな?

 

 

 

引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1491175161/

続きを読む

【画像】メキシコの洞窟内で推定年齢5万歳の微生物を発見 結晶に閉...



1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/02/20(月) 15:38:10.91 ID:CAP_USER9.net

 

メキシコの洞窟で、巨大な結晶の中に閉じ込められた状態の微生物が発見された。

結晶内に閉じ込められたのは数万年前と考えられるが、微生物は休眠状態での生命活動を維持していた。

NASAはその年齢を5万歳と推定している。

微生物は、鉄や硫黄、その他の化学物質を食べて生きているとみられ、新種の可能性が高い。





http://news.nationalgeographic.com/2017/02/crystal-caves-mine-microbes-mexico-boston-aaas-aliens-science/
http://news.nationalgeographic.com/2017/02/crystal-caves-mine-microbes-mexico-boston-aaas-aliens-science/

 

引用元: ・【科学】メキシコの洞窟内で推定年齢5万歳の微生物を発見 結晶に閉じ込められた状態で生き続ける(画像あり)

続きを読む

スポンサード・リンク

Twitter